OPTCOM 2011年6月号

ホーム > OPTCOM > バックナンバー 2011年 > OPTCOM 2011年6月号

在庫に関してはお問い合わせください。

【特集Part1】データセンタにフォーカスするスイッチベンダ

エクストリームネットワークス
新NWアーキテクチャ「M-LAGダイレクトアタッチ


今後の10GbEスイッチ市場は、データセンタに導入されるToRスイッチ、ブレードスイッチ、モジュラ型スイッチが牽引すると言われている(DellOro Group)。Ethernetスイッチの最大セグメントはデータセンタであり、この市場拡大に大きな役割を果たすのがクラウド技術。しかし、データセンタEthernetスイッチ市場の80%超のシェアはCiscoが占める(Infonetics Research)。
データセンタ市場が成長することは分かっているので、スイッチベンダ各社ともデータセンタ市場の要求にマッチしたスイッチを製品化し、仮想化するデータセンタで必要となるネットワーク構築にそれぞれのソリューションを出し始めている。狙いは各社とも同じことで、「データセンタ仮想化を今の技術で実現すると、ネットワークが複雑化する。仮想マシン(VMs)が増えると、管理しなくてはならないサービスインスタンス、仮想ネットワークの数が爆発的に増える。したがって、仮想化データセンタとクラウドに最適化されたネットワークの構築が必要だ」というブロケードの主張を各社とも共有しているものと考えてよい。



【特集Part2】Interop Tokyo 2011プレビュー

6月7日~10日、幕張メッセにてInterop Tokyo 2011が開催される(展示会は8日~10日)。クラウドコンピューティングやスマートデバイス、メディアなどの変化がもたらすインパクト、また数年前まではインターネット発展途上国とされていた国々の急速な成長などインターネットを取り巻く環境は日々、変化を続けている。Interop Tokyoは、インターネット黎明期と呼ばれた1994年から、常に最先端の情報通信関連の専門イベントとして開催されてきた。Interopの名前の由来通り"Interoperability"(相互接続性)をテーマに、最新機器、技術、サービスが一堂に介し、実稼動する様子が見えるだけではなく、それらが実際の利用者とどのように連携できるのかが判るイベントとなっている。
展示会のほか、カンファレンス、そして出展各社から集まった様々な機器・サービスを相互に接続し、近未来のサービスアーキテクチャを実際に動かす巨大デモ「ShowNet」が今年も実施される。



【特集Part3】2011電設工業展 誌上展示

電気設備機器・資材・工具等に関する日本最大級の総合展示会「2011 電設工業展」が、5月25日~27日までの3日間、「低炭素社会へ~電設技術とグリーン・イノベーション~」をテーマに、東京ビッグサイト西1・2ホールにおいて開催される。
この展示会は、全国各地のメーカー、販売業者が電気設備機器、資材、工具などの多種多様な新製品を一堂に集めて出展し、これを発注者、設計者、電気工事業者にアピールする場だ。
本特集ではOPTCOM編集部が厳選した展示製品を紹介する。




※ 定期購読お申し込み後の購読契約は自動継続となります。
※ 海外からのご注文は別途、為替手数料がかかります。


FAX送信にてお申し込みをされる方はこちらのPDFファイルを印刷してご利用ください。
※Adobeアクロバットリーダーがインストールされている必要があります。

ITEM NAME OPTCOM 2011年6月号
ITEM CODE OPT201106-f~OPT201106-m
PRICE 1,370~16,440 円(税込)
ご好評につき、売り切れました。

商品詳細

【特集Part1】:データセンタにフォーカスするスイッチベンダ

【特集Part2】:Interop Tokyo 2011プレビュー

【特集Part3】:2011電設工業展 誌上展示



この商品を見た人はこんな商品も見ています

OPTCOM 2011年2月号

OPTCOM 2011年2月号

Price : 1,370~16,440 円
OPTCOM 2011年2月号の詳細へ

OPTCOM 2010年12月号

OPTCOM 2010年12月号

Price : 1,370~16,440 円
OPTCOM 2010年12月号の詳細へ

OPTCOM 2010年8月号

OPTCOM 2010年8月号

Price : 1,370~16,440 円
OPTCOM 2010年8月号の詳細へ

OPTCOM 2010年5月号

OPTCOM 2010年5月号

Price : 1,370~16,440 円
OPTCOM 2010年5月号の詳細へ