OPTCOM 2010年8月号

ホーム > OPTCOM > バックナンバー 2010年 > OPTCOM 2010年8月号

在庫に関してはお問い合わせください。

【特集Part1】データセンタの諸問題

データセンタ物理インフラで、ユーザの関心事は何か。IDC Japanが「国内データセンタインフラの投資動向調査」を行っている。
今後採用を検討している対策として、最も多いのが「省電力への交換」。ついで回答数の多い順に、「自然エネルギーの活用」「設置台数の削減」「冷却手法の改善」「環境管理の効率化/緻密化」などとなっている。
今回の特集では、最近各社が力をいれている局所クーリングに注目し、以下6項目についてレポートした。
●データセンタの省スペース、省電力を実現する新冷却システム
●局所冷却ソリューション
  オープン/クローズの両方式に対応する水冷空調機
●局所冷却ソリューション
  富士通フォーラムでも局所空調システムを紹介
●局所冷却ソリューション
  モジュール型データセンタと局所空調
●クラウド構築とクラウドビジネス
●クラウド時代のI/O仮想化




【特集Part2】CIOEプレビュー ~日本企業が注目する中国市場向け製品~

9月6日~9日の4日間、中国で最大級の光通信商品の展示会「第12回中国国際光電博覧会(The 12th China International Optoelectronic Expo/CIOE)」が開催される。CIOEは「光通信/センサー/レーザ展」「精密工学展」「LED展」の3つからなっており、CIOE事務局の発表によると、11回目を迎えた前回は約2100社が出展し、4日間の期間中延べ82,000人が来場したという。
ここ数年におけるCIOE出展社の傾向を見ると、日本および韓国企業が多く、その殆どが毎年出展している。彼らは価格競争の激しい市場の中で独自の技術力をアピールすることにより着実に実績を伸ばしており、CIOEを「訴求力のある展示会」と捉えている。
今回の特集では、CIOEへの出展を予定している幾つかの日本企業を取材し、中国市場向けの注力製品について話を聞いた。



※ 定期購読お申し込み後の購読契約は自動継続となります。
※ 海外からのご注文は別途、為替手数料がかかります。


FAX送信にてお申し込みをされる方はこちらのPDFファイルを印刷してご利用ください。
※Adobeアクロバットリーダーがインストールされている必要があります。

ITEM NAME OPTCOM 2010年8月号
ITEM CODE OPT201008-f~OPT201008-m
PRICE 1,370~16,440 円(税込)
ご好評につき、売り切れました。

商品詳細

【特集Part1】:『データセンタの諸問題』

【特集Part2】:『CIOEプレビュー ~日本企業が注目する中国市場向け製品~』



この商品を見た人はこんな商品も見ています

OPTCOM 2010年7月号

OPTCOM 2010年7月号

Price : 1,370~16,440 円
OPTCOM 2010年7月号の詳細へ

OPTCOM 2010年5月号

OPTCOM 2010年5月号

Price : 1,370~16,440 円
OPTCOM 2010年5月号の詳細へ

OPTCOM 2010年4月号

OPTCOM 2010年4月号

Price : 1,370~16,440 円
OPTCOM 2010年4月号の詳細へ

OPTCOM 2010年1月号

OPTCOM 2010年1月号

Price : 1,370~16,440 円
OPTCOM 2010年1月号の詳細へ