OPTCOM 2010年11月号

ホーム > OPTCOM > バックナンバー 2010年 > OPTCOM 2010年11月号

在庫に関してはお問い合わせください。

【特集Part1】光トランシーバ/トランスポンダ市場サーベイ

リーディングサプライヤを通して見える光トランシーバ市場

光トランシーバは、大手サプライヤによると、10Gbps以上では注文がさばききれない状態にあると言う。特に、40G/100Gはキーデバイスのサプライヤが限られているため、注文に応じきれていない。ユーザ側からは、10GbEが限界に来ていることから手ごろな価格の100Gを求める声が上がっているが、100Gは「手頃な価格」にはまだ来ていない。モジュールベンダによると、アセンブリに半日、テストと調整にはそれよりもさらに時間がかかる。試験工程を含めたこのアセンブリ時間は、労賃と設備コストとともにモジュール価格に反映されるので、この部分が短縮されないと価格は下げられない。価格を下げて市場シェアをとるという戦略も考えられるが、部品の供給が少なく、試験ラインもパラレル処理になっていない現状では、そのような戦略は可能性でしかない。
このように活況を呈している光トランシーバ市場は、調査会社Infonetics Researchによると、2014年には21億ドルを超えるという。40G、100Gのトライアル、デモンストレーションの発表は毎月何件か発表されており、市場拡大の機運は高まっている。商機ありと見たFPGAベンダも、この市場にフォーカスした発表を行っている。以下では、光トランシーバ/トランスポンダ関連のプレイヤを通して市場の動向を見た。他2点についてもレポートした。



【特集Part2】InterBee2010プレビュー

~映像伝送に使われる最新機器~

音と映像と通信のプロフェッショナル展「InterBEE2010」が、11月17日から19日の3日間の日程で幕張メッセにて開催される。主催は社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)。後援は社団法人日本民間放送連盟(NAB-J)、日本放送協会(NHK)。映像伝送機器を扱う出展社たちの話を総合すると、今回のポイントは「エリア・ワンセグ放送」、「ギャップフィラーシステム」となる。また、3D元年と位置づけられる今年は、業務用3D映像伝送関連の展示が拡充されている。アナログ停波後に生じるホワイトスペースの活用方法として期待されているエリア・ワンセグ放送は、2年ほど前から日本全国各地で実験サービスが行われている。地域イベント、サーキット、スタジアム、展示会会場などで、イベントの注目シーンや情報などの各種映像やデータを流すといった形で使われており、イベントや地域を盛り上げる新たなサービスとして注目を集めている。





※ 定期購読お申し込み後の購読契約は自動継続となります。
※ 海外からのご注文は別途、為替手数料がかかります。


FAX送信にてお申し込みをされる方はこちらのPDFファイルを印刷してご利用ください。
※Adobeアクロバットリーダーがインストールされている必要があります。

ITEM NAME OPTCOM 2010年11月号
ITEM CODE OPT201011-f~OPT201011-m
PRICE 1,370~16,440 円(税込)
ご好評につき、売り切れました。

商品詳細

【特集Part1】:光トランシーバ/トランスポンダ市場サーベイ

【特集Part2】:InterBee2010プレビュー



この商品を見た人はこんな商品も見ています

OPTCOM 2010年9月号

OPTCOM 2010年9月号

Price : 1,370~16,440 円
OPTCOM 2010年9月号の詳細へ

OPTCOM 2010年8月号

OPTCOM 2010年8月号

Price : 1,370~16,440 円
OPTCOM 2010年8月号の詳細へ

OPTCOM 2010年7月号

OPTCOM 2010年7月号

Price : 1,370~16,440 円
OPTCOM 2010年7月号の詳細へ

OPTCOM 2009年12月号

OPTCOM 2009年12月号

Price : 1,370~16,440 円
OPTCOM 2009年12月号の詳細へ