OPTCOM 2012年8月号

ホーム > OPTCOM > バックナンバー 2012年 > OPTCOM 2012年8月号

在庫に関してはお問い合わせください。

【特集Part1】SDNトレンドの表と裏

SDN狂騒に終始したInterop Tokyo

Interop Tokyo 2012は、6月12~14日の3日間の開催だったが、Tokyo会場もLas Vegas同様、OpenFlow、SDN(Software Defined Networking)狂騒の感が強かった。
展示会場のスペースは数年前と比べるとかなり縮小しているようだったが、主催者発表によると、入場者数は前年比3.7%増、約132,000人だったという。
特に目立ったのはOpenFlow、SDN関連で、主立ったシステムベンダ、測定器ベンダが、まさしく「時流に乗る」(climb on the bandwagon)勢いで、製品デモや技術の紹介を行っていた。
ちょうどこの頃、6月13日、Ciscoは同社のSDN戦略を発表し、このSDN空騒ぎが一面的であり、「中途半端である」と指摘して、加熱したOpenFlow狂騒に冷水を浴びせかけていた。東京でのCiscoのSDN戦略発表は、Ciscoのテレプレゼンスを利用して2週間以上後に行われた。

下記についてもレポートした。

●Cisco ONE シスコのSDN戦略
●IxiaのOpenFlowテストソリューションデモ
●OpenFlowに沸く展示会場




【特集Part2】ケーブル技術ショー2012プレビュー

ケーブル技術の総合展示会および技術セミナーである「ケーブル技術ショー2012」が、東京ドームシティ プリズムホールと東京ドームホテルにて開催される。日程は7月18日から19日の2日間。同展は「ケーブルコンベンション2012」の関連イベントとして、放送・通信、有線・無線の融合に関するケーブル技術が紹介される。
今回の特集では、同展の出展社から話を聞き、最新の製品やソリューションの情報を纏めた。各社の話を総合すると、「老朽化したHFCの更新としてFTTH化するパターンが増えてきている。特に、通信キャリアや電力系キャリアとの競争が激しい西日本のCATV事業者のFTTH化が増えている」となる。また、2.4GHzや5GHz帯無線への注目が高まっている点も大きな流れのようだ。




※ 定期購読お申し込み後の購読契約は自動継続となります。
※ 海外からのご注文は別途、為替手数料がかかります。


FAX送信にてお申し込みをされる方はこちらのPDFファイルを印刷してご利用ください。
※Adobeアクロバットリーダーがインストールされている必要があります。

ITEM NAME OPTCOM 2012年8月号
ITEM CODE OPT201208-f~OPT201208-m
PRICE 1,370~16,440 円(税込)
ご好評につき、売り切れました。

商品詳細

【特集Part1】:SDNトレンドの表と裏

【特集Part2】:ケーブル技術ショー2012プレビュー



この商品を見た人はこんな商品も見ています

OPTCOM 2012年7月号

OPTCOM 2012年7月号

Price : 1,370~16,440 円
OPTCOM 2012年7月号の詳細へ

OPTCOM 2012年6月号

OPTCOM 2012年6月号

Price : 1,370~16,440 円
OPTCOM 2012年6月号の詳細へ

OPTCOM 2012年5月号

OPTCOM 2012年5月号

Price : 1,370~16,440 円
OPTCOM 2012年5月号の詳細へ

OPTCOM 2011年8月号

OPTCOM 2011年8月号

Price : 1,370~16,440 円
OPTCOM 2011年8月号の詳細へ