化学装置 2020年7月号

ホーム > 化学装置 > バックナンバー 2020年 > 化学装置 2020年7月号

『化学装置』2020年7月号では、特集「医薬品の連続生産技術の今後の展望」をお届けします。革新的医薬品製造に係る承認やIoTやAIの活用、連続生産を支援する粉体技術を予定しています。
また、7月28日から3日間、インテックス大阪で開催される「プラントショーOSAKA2020」の見どころ、出展社リストおよび各社装置メーカーの主力製品の紹介記事なども掲載予定です。

【特集】医薬品の連続生産技術の今後の展望


巻頭言
医薬品の連続生産技術の現状(仮題)

岐阜薬科大学・田原 耕平

革新的医薬品製造技術に係る承認審査

医薬医療機器総合機構・高山 一成

医薬品製造における連続生産の概要と期待

ビジネスエンジニアリング・宮澤 由美子

微粒子分散における高速撹拌機の選択

プライミクス・浅野 ちひろ

CTS-MiGRAシステムにおける連続生産

パウレック・大石 拓弥

連続造粒乾燥システム「DOME-EX」

ダルトン・浅井 直親

直打連続生産の自動立ち上げシステム

菊水製作所 萩原 隆裕

〔特設記事〕


化粧品の市場動向と技術開発

近畿大学・鈴木 高広

<一本記事>


粉体を取り扱うコツ

フルード工業・小波 盛佳

<連載>


地球環境とバイオリアクター~基礎から応用まで~

近畿大学・鈴木 高広

Makino Takashiの化学装置設計トラブル事例

牧野技術士事務所・牧野 隆

燃料電池の化学工学-設計の基礎を学ぶ-

東洋大学・川瀬 義矩

プラントエンジニアリング・メモ

エプシロン・南 一郎

安全談話室

化学工学会・SCE-Net安全研究会

その他


※ 定期購読お申し込み後の購読契約は自動継続となります。
※ 海外からのご注文は別途、為替手数料がかかります。


FAX送信にてお申し込みをされる方はこちらのPDFファイルを印刷してご利用ください。
※Adobeアクロバットリーダーがインストールされている必要があります。
※クレジット決済ご希望の方は
こちら(富士山マガジンサービス)よりお申込み下さい。
(但し、国内ご契約のみとなります。)


1部:1,848円 (税込)※別途送料200円
定期購読一年:22,176円 (税・送料込み)

ITEM NAME 化学装置 2020年7月号
ITEM CODE PAP202007-f~PAP202007-m
PRICE 1,848~22,176 円(税込)
ご購読条件を選択下さい。
部数

ADD TO CART - カートに入れる

商品詳細